お仕事ラボ (長野) 長野 長野の正社員・派遣社員・パート
薬剤師の転職・派遣ならお仕事ラボ

5月20日更新 公開
求人
488

薬剤師に特化した
コンサルタント

あなたの職場探しを
全力でサポートします。

お仕事ラボ長野県トップ

都道府県別の平均寿命では、男女共に全国トップ(平成22年)を誇る長野県の薬剤師数は4,256人で、人口10万人に対する薬剤師数は全国平均の226人よりも24.2人少ない201.8人と薬剤師がやや不足している状況といえます。

長野県内には病院130件、薬局951件、診療所1,571件があり、それぞれの職場で働く薬剤師数は病院勤務が862人、薬局勤務が2,537人、診療所勤務が85人。長野県で働く薬剤師4,256人のうち、20.3 %が病院に、59.6 %が薬局、2.0 %が診療所となっており、薬剤師の6割が薬局に勤務しています。

長野県で働く薬剤師の平均年収は全国平均の515万円よりも5.8万円低い509.2万円で全国第24位。
また、長野県の病院・診療所、薬局・医療施設で働く薬剤師の平均年齢は47.2歳。全国の平均年齢45.3歳と比較すると、やや高くなっております。
平成26年時点で、長野県の人口10万人に対する薬局数は全国平均44.65軒に対し44.17軒となっており、全国平均を少し下回っている状況です。訪問薬局数は885軒で、人口10万人に対する訪問薬局数は全国平均37.64軒に対し42.17軒となっており、こちらは全国平均を上回っています。

長野県は、薬学部を持つ大学がないことから、新卒薬剤師の確保が難しい状況にあります。県は、新卒薬剤師を確保するため、長期実務実習の受け入れ先を数多く確保することと、実習の指導に携わる指導者を養成することを課題として挙げています。また、 Iターン・Uターンの薬剤師を積極的に受け入れており、転居費用の補助やサポートを行っている薬局や会社もあります。
長野県の薬局数・訪問薬局数は、全国平均と比べても遜色なく、薬剤師の就業先は十分にあります。しかし、県全体では薬剤師が不足しており、県の医療を充実させるためには、早急な薬剤師の確保が求められます

参照:「平成26年(2014年)医師・歯科医師・薬剤師調査」、「賃金構造基本統計調査」、「きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額」、「地域医療情報システム」

新着お仕事情報

5月20日更新

お仕事ラボでは、長野県の薬剤師の求人情報を検索することができます。

Copyright ©AXIS inc. All Rights Reserved